閲覧総計:9077  (本日:3  昨日:0)


このページの紹介

発光ダイオード(LED)やモータを手軽に動かせる安価なワンチップマイコン「PIC」
を利用した趣味の工作作品を紹介します。

小学生の息子と私がPIC工作に入門から取り組んだ記録です。
PICのプログラムには小学生の息子でも理解出来るC言語「MikroC」を選びました。
(小学生の息子には、アセンブラでのプログラムは理解出来ませんでした。)

PICを用いた工作の基礎(発光ダイオードの点滅、モータを動かす)から始め
ライントレースカー、ラジコンカーの応用工作まで順を追って掲載しました。

また、アナログ−デジタル変換方法、液晶ディスプレ(LCD)の動かし方や、赤外線通信
の方法などの基礎情報も掲載しました。

このページ作成のきっかけは、PICプログラム用C言語「MikroC」に関する日本語書籍
がなく、ホームページでの日本語情報も少なかったからです。
このページの情報が「MikroC」を利用されている方々の参考となれば幸いです。

また、このページの作成にはWeb2.0系のCMS(Content Managiment System)
「PukiWiki」の利用にチャレンジしてみました。
CMSはホームページを作成するのに楽でとても便利なツールである事が体験出来ました。

このページの内容が皆様のPIC工作の助けとなれば幸いです。 07/4/18


★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 53  
普通 10  
いいえ 13