閲覧総計:12455  (本日:1  昨日:0)


RCDライタ

130586251_186.jpg

最も低価格で製作できるPICのプログラム ライタ
「RCDライタ」です。350円  06/11/05

RS-232C(シリアル)コネクタを持つパソコンがあれば利用できる。
回路、製作方法は公開されている。
http://feng3.cool.ne.jp/rcd/
制御ソフトもフリーウエアが利用できる。

自作すれば部品だけの350円、製作時間約5時間

今回写真紹介した自作RCDライタは、作業性を考え右側に
PIC差込ソケットを配置した。
PICソケット、LED、パソコン接続ケーブル(RS-232C)ソケットの位置は
日頃使い慣れている秋月のPICライタと同じ位置に配置した。

私の利用しているRCDライタ制御ソフトは
PICProg4U
http://feng3.cool.ne.jp/4u/index.html
多くのPICに対応しており、機能豊富かつ操作し易い。
Microsoft社の.NETツールで製作されている所も興味深い。

「RCDライタ」もRS-232C接続だけでOKで、外部電源を必要としない
所がとても便利である。
しかし、ノートPCでは利用できず、デスクトップPCでRS-232Cコネ
クタが付いているPCでしか利用できない所が短所である。
USB-シリアル変換ケーブルでも利用できない。

(部品代)
D-subソケット 50円
18ピン丸ピンソケット 50円
チェナーダイオード2個 40円
470μF電解コンデンサ1個 30円
0.1μFコンデンサ1個 10円
抵抗5個 25円
ダイオード5個 25円
発光ダイオード1個 10円
ユニバーサル基板(72×48) 62円
ねじ4本 32円

合計334円
製作時間 5時間

★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 21  
いいえ 6  

添付ファイル: file130586251_186.jpg 2667件 [詳細]