閲覧総計:7894  (本日:1  昨日:1)

新しいPICを使い始める時に最初に確認しなければならないのがconfigの設定です。
16F1827のconfig内容を確認し、設定の一例を以下に示しました。 2013/10/27

XC8における16F1827のconfigに関する詳細説明と設定書式は↓こちら
C:\Program Files (x86)\Microchip\xc8\v1.20\docs\chips\16f1827.html

TS3V0020.JPG16F1827ピン配置.JPG
/* 16F1827のconfit設定内容の確認
 * XC8 v1.20
 * LED:RA1,RA2
 */
#include <xc.h>

#pragma config FOSC = INTOSC, WDTE = OFF, PWRTE = OFF, MCLRE = ON, CP = OFF, CPD = OFF, BOR EN = OFF, CLKOUTEN = OFF, IESO = OFF, FCMEN = OFF
#pragma config WRT = OFF, PLLEN = OFF, STVREN = OFF, LVP = OFF
//【config1】
//FOSC = INTOSC:内部発振器を使用
//WDTE = OFF:ウォッチドッグタイマー オフ
//PWRTE = OFF:パワーアップタイマー オフ
//MCLRE = ON:MCLR オン
//CP = OFF:プログラムメモリープロテクト オフ
//CPD = OFF:データーメモリープロテクト オフ
//BOREN = OFF:ブラウンアウト リセット オフ
//CLKOUTEN = OFF:クロックアウト オフ
//IESO = OFF:Internal/External Switchover オフ
//FCMEN = OFF:フェイルセーフクロックモニター オフ
//【config2】
//WRT = OFF:フラッシュメモリー ライトプロテクト オフ
//PLLEN = OFF:発振器4倍PLL機能 オフ
//STVREN = OFF:Stack Overflow/Underflow Reset オフ
//LVP = OFF:低電圧プログラミング オフ

int main(void) {
    //PICの初期化
    OSCCON = 0b01110000; //内部クロックを8MHzに設定
    ANSELA = 0b00000000; //AN0-AN4は全てデジタルI/Oとする
    ANSELB = 0b00000000; //AN5-AN11は全てデジタルI/Oとする
    TRISA = 0b00000000; //PORTAを全て0:出力に設定
    PORTA = 0b00000000; //PORTAの中身をきれいにする

    //メイン処理
    while(1) {
        LATAbits.LATA1 = 0; //LATA1をLowに
        LATAbits.LATA2 = 1; //LATA2をHighに
    }
}

また、MPLAB XのメニューバーのWindow>> PIC Memory Views>> Configration bitsの画面でも
configの設定項目が確認できます。
1827config設定一覧画面.jpg

★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 117  
普通 22  
いいえ 10