閲覧総計:8192  (本日:2  昨日:0)

発光ダイオード(LED)の点滅(16F1827 XC8)

PIC16F1827で、XC8でLED(発光ダイオード)の点滅動作を確認した。

【ポイント】
1.出力には16F1XXXシリーズに装備されたLATレジスターを利用した。
↓なぜLATレジスターが必要か?を解りやすく解説したページ
http://homepage3.nifty.com/mitt/pic/pic1320_06.html
2.__delay_ms()は引数に変数が設定できないので、引数に変数が設定できる
arg_delay_ms()関数を定義した。 2014/1/2

1827led点灯画像.jpg16F1827ピン配置.JPG
/* LEDの点滅
 * PIC16F1827
 * XC8 v1.20
 * LED:RA1,RA2
 */
#include <xc.h>

#pragma config FOSC = INTOSC, WDTE = OFF, BOREN = OFF, IESO = OFF, FCMEN = OFF
#pragma config PLLEN = OFF, STVREN = OFF, LVP = OFF

//__delay_us(), __delay_ms()へのクロック情報の設定
#define _XTAL_FREQ 8000000 //PICのクロックをHzで設定(8MHz)

//関数のプロトタイプ宣言
void arg_delay_ms(unsigned int x);

int main(void) {
    //使用変数の定義
   unsigned int wait = 500; //待ち時間の設定

   //PICの初期設定
   PORTA = 0b00000000; //PORTAの中身をきれいにする
   TRISA = 0b00000000; //PORTA全てを0:出力に設定
   OSCCON = 0b01110000; //PLL:OFF, 内部クロック8MHzで駆動
   ANSELA = 0b00000000; //RA4(AN4)-RA0(AN0)は全て0:デジタルI/Oとする
   ANSELB = 0b00000000; //RB7(AN6)-RB1(AN11)は全て0:デジタルI/Oとする
 
    //メイン処理
   LATAbits.LATA2 = 1; //RA2:パワーオンを示すLED点灯

   while(1) {
        LATAbits.LATA1 = 1; //RA1 LED ON
        arg_delay_ms(wait); //所定時間待つ
       LATAbits.LATA1 = 0; //RA1 LED OFF
        arg_delay_ms(wait); //所定時間待つ
   }
}

//待ち時間が変数設定できるarg_delay_ms()関数を定義
//(__delay_ms()は引数に変数設定が出来ない為)
void arg_delay_ms(unsigned int x) {
    while(x) {
        __delay_ms(1);
        x--;
    }
}

★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 17  
普通 2  
いいえ 3  

添付ファイル: file16F1827ピン配置.JPG 931件 [詳細] file1827led点灯画像.jpg 1192件 [詳細]