閲覧総計:7540  (本日:1  昨日:1)

A/D値でLED点滅間隔変更

「A/D変換」を利用した簡単なプログラムを作成し、24FJ64GA002の「A/D変換」機能の利用法、
稼働を確認しました。

A/D変換値(0〜1023)を用いて発光ダイオード(LED)の点滅間隔を0msec〜1023msec
にスムーズに変化させる。 07/02/03

P1010617.JPG
/**
* 24F64の稼働テスト  0-3V入力−LED点滅間隔変更
* (A/D値で発光ダイオード(LED)の点滅間隔を変更する)
*
* PIC24FJ64GA002
* A/D: RB3(AN5) (10KΩ半固定抵抗で分圧しアナログ値を生成)
* LED: RB15
*
*Clock: 8.0MHz 内蔵発振器使用
*電源:乾電池2本(3V)
*Device Flags:
*_IESO_OFF _FNOSC_FRC _FCKSM_CSDCMD _OSCIOFNC_OFF _POSCMOD_NONE
*_JTAGEN_OFF _GCP_OFF _GWRP_OFF _BKBUG_OFF _COE_OFF _ICS_PGx1 _FWDTEN_OFF
*
*_IESO_OFF 2速度スタートアップ無効
*_FNOSC_FRC クロックは内蔵オシレータを利用(8MHz)
*_FCKSM_CSDCMD 動作中のクロック切り替え&監視OFF
*_OSCIOFNC_OFF RA3はI/Oとして利用 _POSCMOD_NONE 主発信機無効
*_JTAGEN_OFF  JTAG無効    _GCP_OFF  コードプロテクト無効
*_GWRP_OFF  プログラムメモリ書込み禁止 _BKBUG_OFF デバッグモードにリセット
*_COE_OFF  Clip-onエミュレーション無効
*_ICS_PGx1  ICSP書き込みにPGC1/PGD1を使う FWDTEN_OFF  ウォチドック無効
*
* MikroC dsPIC v4.0.0.0
* コンパイルサイズ: 728byte (6,000Byte以下なら無料利用)
*/
void main()
{
     //使用変数の定義
    unsigned int temp;

    //PICの初期化
    PORTB = 0b0000000000000000; //PORTBの中身ををきれいにする
    ADPCFG = 0b1111111111011111; //AN5は0:アナログ、他ピンは1:デジタルで使用
    TRISB = 0b0000000000001000; //PORTBのRB3(AN5)を1:入力に、他は全て0:出力に設定
    //初期化終わり
    
    while(1)
    {
        //アナログデータの取得 10bit(0~1023)
        temp = ADC_Read(5); //RB3(AN5)アナログ値を取得 

        //LED点滅間隔が0-1023msecで滑らかに変更する
        LATBbits.LATB15 = 1; //RB15をON
        Vdelay_ms_p24_p33(temp);
        LATBbits.LATB15 = 0; //RB15をOFF
        Vdelay_ms_p24_p33(temp);
    }
}

★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 10  
普通 8  
いいえ 10  

添付ファイル: fileP1010617.JPG 1793件 [詳細]