閲覧総計:19364  (本日:1  昨日:5)

【目次】(項目をクリックすると、そこに飛べます)


発光ダイオード(LCD)の点滅

PIC16F887の「キホンからわかるPIC 中尾 著」の解読理解(不能)と、
実際の稼働確認を目的とし、発光ダイオード(LCD)の点滅プログラムを作った。

・内蔵発振器(96MHz)を利用する。
・PIG内部プルダウンで利用する。

CONFIG1, CONFIG2に関する詳細情報はデータシートの208/288ページ
http://ww1.microchip.com/down.uk

【結果】発光ダイオード(LCD)が点滅しなかった。
また、支離裂滅を1秒であり、発振器とプログラムが連動している事を確認できずに終わる。

MikroCのプログラム

/**
*

★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 66  
はい 52  
はい 91  

添付ファイル: fileP1010641.JPG 2163件 [詳細] file16F886.JPG 2495件 [詳細]