閲覧総計:11701  (本日:1  昨日:1)

PICkit3を購入したが、MPLAB X IDEから、なかなかPICにプログラムが書き込めなく
手間取ったので、その時のハマりポイントとその解決法をメモに残しておく。 2013/10/13

PICkit3製品写真.jpg

環境:PICkit3, MPLAB X IDE v1.90, XC8 v1.20, PIC16F1827, Windows8

PICkit3 (秋月 3,900円)
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-03608/

PICkit3をMPLAB Xに認識させるのにハマったポイント2点

1.「PICkit3のファームウエアーが古い」のメッセージが出てPICkit3がMPLAB Xに認識
されなかった。
解決法:MPLAB Xを起動した状態で、PICkit3を20分位PCにUSB接続をしておく
と、MPLAB X IDEが自動でPICkit3のファームウエアーを更新してくれる。その後、
この問題は発生しなくなった。

2.16F1827のプログラムを書き込もうとしたら「ターゲットデバイス(16F1827)が見付かりません。」
のメッセージが出て、PICにプログラムを書き込む事が出来なかった。
解決法:MPLAB X IDEの「PICkit3にPICに5.0V電源を供給する」にチェックを入れる。
操作手順:
(MPLAB X IDE v1.90での操作手順を以下に示す)
Project Propertiesボタンをクリック
xc8_Project_Properties01.jpg

CategoriesのConf:のPICkit 3をクリック
PICkit3の接続1.jpg

Option categories:のPowerを選択
PICkit3の接続2.jpg

Votage Levelが「5.0」を確認し、Power target circuit from PICkit3にチェックを入れる。
PICkit3の接続3.jpg

「OK」をクリック
PICkit3の接続4.jpg



★この情報は役に立ちましたか?

選択肢 投票
はい 19  
普通 9  
いいえ 12